ホームページ制作 東京 神奈川 WEBデザイナー - W-LOG

ホーム > ブログ > 「Advanced Custom Fields」でテキストエリアの抜粋を表示する方法

「Advanced Custom Fields」でテキストエリアの抜粋を表示する方法

2017.11.07

「Advanced Custom Fields」でテキストエリアの抜粋を表示する方法

WordPressで、カスタムフィールドを使うときに便利なプラグイン「Advanced Custom Fields」

管理画面からフィールドを作って、テンプレートに表示設定すればOKなのですが、
入力したものがそのまま表示されるので、テキストエリアの場合、一部抜粋した内容を表示したい場合が結構あります。

ということで「Advanced Custom Fields」での文字数制限の方法をご紹介します。

まずはそのまま表示する方法

文字数制限なしで、入力したものをそのまま表示する場合


<?php if( get_field('フィールド名') ) { ?>
	<p><?php the_field('フィールド名'); ?></p>
<?php } ?>

※「フィールド名」は作ったフィールドの名前に変えてください。

文字数を指定して表示(抜粋)する方法

テキストエリアなどで、文字数を指定する方法です。
最後に・・・のような文字列をつけることができます。


<?php 
	$text = mb_substr(get_field('フィールド名'),0,120,'utf-8'); 
	echo $text.'...';
?>

「120」のところが文字数です。
この場合は120文字までしか表示されません。
好きな文字数を設定して使ってください。

また、最後の「…」は、文字列の最後に付く文字列です。
ここも適宜変更できます。